フィッシュコラーゲンとは?
酵素処理により加水分解された”魚由来”(魚の鱗や皮・骨などから抽出)の
コラーゲンのこと。

このフィッシュコラーゲンは、牛や豚,鳥などを原料とする動物性コラーゲンと違って、
低分子で水溶性なので体内での消化や吸収がされやすいです。

また、動物の体温は37°~38°、魚の体温は8°~ 9°といわれています。
人の体温は35°~36°ですので、フィッシュコラーゲンが人間の体内に入った場合、
低温で分解吸収されます。