他社プラセンタ、豚プラセンタや馬プラセンタとの違いは?
豚由来との比較では、馬由来に比べアミノ酸の含有量が約296倍ともいわれています。
さらにその馬プラセンタの約4倍ものアミノ酸含有量が入っているのがこのプラセンタ01です。

抽出方法もアルカリ分解や加水分解ではなく、酵素分解抽出をしており、
各種成長因子をほとんど破壊することのない抽出方法に成功しました。

特に肌に必要なアルギニン(アミノ酸)は約3.5倍も含まれています。
圧倒的に品質の差もあり、国内産のサラブレッドのみの胎盤を原料として使用しています。